ホームページ引き継ぎ・業者変更

【重要】はじめにお読みください。

当方(オフィス山家)は2014年4月に開業。
『ホームページのお引継ぎ』『管理会社(業者)の変更・乗り換え』に関するお問い合わせを多く頂くようになりました。

  • 事業主さま(またはWEB担当者さま)
  • 同業者さま(WEB会社・フリーランスなど)

主には上記2タイプ。
結論としては、どちらからのご相談、ご依頼も承っています。

ただし、タイプによってお引継ぎするための方法や流れ。そして条件が異なってきます。
とても大事なことになりますので、以下の内容をしっかりとお読みください。
ご不明な点やご相談などは、お気軽にお問い合わせくださいませ。

事業主さま(担当者さま)向け

これまでの事例(よく頂くお悩み・相談内容)

業者の変更、乗り換えを希望されるケース

  • 現状の契約内容や対応に、疑問やご不満をかかえている。
  • 管理会社側から、サービス終了を申し付けられた(廃業・事業の撤退などが原因。)
  • これまで友人・知人にお願いしていたが、なんだか申し訳なくなってきた。

はじめて外注を希望されるケース

  • ホームページを担当していたスタッフが辞めてしまった。
  • ホームページに時間を取られ過ぎて困っている。
  • これまで放置状態・・。今後ホームページを見直したい。力を入れていきたい。

オフィス山家が心がけていること

お引き継ぎ・業者変更に関する、ご相談・お問いわせをくださる事業主さまには共通点がござます。
それは、本業にとても熱心であるということです。

その志に心打たれるものがあります。

事業主さまが安心して本業に専念していただくために。
当方は『信頼できるパートナー』を目指してまいります。

ホームページは、大切な財産です。だからこそ、
「オフィス山家は本当に信用できる業者なのか?」
遠慮の無い厳しいご評価を、ぜひお願いします。

お断りするケース

正直に申し上げます。
以下の内容に該当する場合は、お引継ぎを辞退いたします。ご了承ください。

コストを下げることが一番の理由である場合。

もちろんコストも大切です。
しかし、「コストがどこよりも安いから」という理由で指名された場合。
それは本当の意味で、当方を選んでくださっていません。
当方を厳しくご評価くださった上で、パートナーとしてご指名いただくことを願っております。

ホームページが制作途中の場合。

現時点でホームページが未完成。大掛かりなカスタマイズの最中など。
進行中の案件を、途中から受け継ぐことはできません。
現状把握に時間がかかることや、これまでの業者との間で、トラブルが発生してしまう場合があるためです。
キリの良いタイミングにて、お引継ぎをお受けします。
※事前のご相談は可能です。

ホームページに複数の業者が関わっている場合。

例えば、
PC版のホームページはA社。スマホ版はB社。WEBコンサルティングはC社。など。
業者間での連携は、データの行き違いや、認識のズレなどが生じるリスクが高まります。
一貫しておまかせ頂くことを望んでおります。

お引き継ぎ・業者変更・乗り換えの流れ

1.現状把握・お見積り

現状把握・お見積り

まずはお問い合わせください。
現状把握のためのヒアリングをいたします。

主なヒアリング内容

  • お引き継ぎを希望される理由。
  • 現在のホームページ状況、ご契約内容について。
  • 当方に期待すること。

ヒアリング後、お見積りと今後の流れについてご案内いたします。

お問い合わせはこちら

2.お引き継ぎ作業

お引き継ぎ作業

データ引き上げ・ドメイン移管手続きなど。
当方側でホームページが管理運営できる環境を整えます。

※メールアドレスの再設定など、現地でのメンテナンス作業が必要になる場合があります。その際は、出張サービスも合わせてご提案差し上げます。

同業者さま(WEB会社・フリーランス)向け

これまでの事例(引き継ぎを希望される主な理由)

  • 廃業、WEB事業の撤退。
  • 健康上のご事情。
  • その他、理由が明確で継続が困難な状況。

事前のお願い・約束ごと

ホームページは、クライアント様にとって大切な財産であり、パートナーです。
だからこそ

包み隠さずに、すべてをお話しください。

とても大切なことです。
質問されて都合が悪いことがあるのならば、この時点でご辞退ください。

  • 案件の現状、業種業態。ご契約状況について。
  • 案件をお引継ぎされたい理由。
  • 当方(オフィス山家)に相談・依頼しようと思った理由。

例えばこのようなことをヒアリングします。
この他にも、疑問に感じたことは、遠慮なく、とことん質問していきます。
もちろん、質問させていただくからには、真剣にお話を伺うことをお約束します。

お断りするケース

トラブル案件であると判断した場合。

都合の悪い案件の擦り付けは、ご遠慮ください。
「今まで大切にしてきたお客様であるからこそ、信用・信頼のおける業者へ託したい!」
その本心を持たれているかどうか。
それは、電話で10分もお話しすれば、見抜ける自信があります。

紹介料(譲渡金)を求められた場合。

『責任を持って案件をお引き継ぎする。』
これは、お金に変えることができない価値があると考えています。
それを理解できる方なら、紹介料を請求しようという思考には絶対になりません。
逆に、当方側から "お引継ぎ料" をご請求するようなこともいたしません。

コストが見合わない場合。

お知り合い、ご友人価格で格安で対応されていた場合など。
当方の価格帯が基準となりますことをご了承ください。

お引き継ぎの流れ(お願い事)

1.クライアント様との顔合わせ

出来る限り、対面による三者面談のセッティングをお願いします。
※遠方の場合などは、オンラインでも構いません。

理由・目的

クライアント様にとって当方が、本当に相応しいパートナーになり得るのか?そのご評価を頂くためです。
当方もクライアント様の理念や今後の方針などを伺います。
その上で、クライアント様へのご提案・詳細なお見積りを差し上げます。

2.技術的な確認お打ち合わせ

データ引き上げ・ドメイン移管手続きのための確認。
管理運用において、何か特別な事(ノウハウ・方法)があるのか等のヒアリング。

理由・目的

できるかぎり、スムーズで安全な方法でお引継ぎしたいため。
また、引き継ぎ漏れが発生しないようにするため。

Copyright(c) Office Yamaya. All Rights Reserved.